よくある質問

お問い合わせ

子育てのあり方を変える、遠隔協同子育てロボット。

乳幼児向けAIを搭載した、
Toddler層(0~3歳児)と充実したやりとりができる
世界で唯一の遠隔コミュニケーションデバイス

ChiCaRoロゴ

チカロ

一緒に住んでいなくても大丈夫

『遠隔協同子育て』を始めよう!

乳幼児を育てる家庭の約8割が核家族
育児に不安、負担を感じている親の割合は、なんと7割!!

人間は本来、協同養育するよう進化してきた生き物なので、 家庭内で日常的なサポートが少ない現代の育児環境がつらくて当然。
ひとりで家事育児をこなす親のストレスは深刻です。
核家族・希薄な地域関係、サポートのない現代の育児生活。
日頃の些細なイライラが募り募って不適切な育児行動に繋がってしまうのは珍しくありません・・・

『10分だけでもいいから手伝って欲しい!!』

と週3,4回以上感じるお母さんが8割もいました。長時間の単発の支援ではなく、“日常的な”育児サポートが圧倒的に足りません。

そんな現代社会にあった
Co-Parenting Systems(共同養育の仕組み)が必要です。

1日の少しの時間、ChiCaRoを通して離れた家族と一緒に子育てをする「遠隔協同子育て」が始められます。
離れた家族がお手伝いすることで子育てに余裕が生まれ、
笑顔で子育てできる時間が増える…みんなを笑顔にする為にChiCaRoは生まれました。

こんな時に。こんな人に。

夜ご飯の用意をしたい、洗濯物をたたみたい。限られた家事の時間、
ほんの10分だけでいいから何かに夢中になって見てて欲しい!
オムツも変えた、ミルクもあげた、
でも何をやっても泣き止まない・・・ 誰か助けて!
日中は毎日毎日ママと二人きり。
ちょっと違う人ともコミュニケーションをさせてあげたい。
離れて暮らすおじいちゃんおばあちゃんに
もっと孫のことを見てもらいたい。一緒に遊んであげてほしい。
単身赴任中のパパ。子どもともっと話したいのにテレビ電話だと続かない…
子どもと話せるネタがない…。

ChiCaRoロゴの特徴

  • 丸みを帯びた形状で倒れにくい。
    子どもが親しみやすい「人型ロボット」

    押したり引いたり叩いたり、小さな子どもは力加減が分かりません。
    でも、むしろその力いっぱいのふれあいこそが子どもとのコミュニケーションの良さです。
    ChiCaRoは、その衝撃にも耐え得る、倒れにくく壊れにくい安心安全な形状です。

  • 遠隔操作で動かせる、
    体を使ったコミュニケーションデバイス

    詳細 画面の向こうから タブレットなど使って追いかけっこやおままごと、
    かくれんぼなど 身体を使った「遊び」によるコミュニケーションを実現することで、
    会話のできない乳幼児の興味を継続的に引き付けることができます。

  • 保育士や小児科といつでも繋がる

    リモートシッティング連携で、 保育士や小児科など育児の専門家も子育てに参加。
    (2021年搭載予定)

  • こども専門カメラマンAI搭載

    笑顔だけじゃない!こども専門カメラマンが「かわいい!」と思うフォトをAIが厳選。ママも一緒の育児の思い出を家族の記録としてしっかり残します。
    (2021年搭載予定)

  • こどもの性格や嗜好を把握する、
    チャイルドマインダーAI搭載

    こどもの振る舞いから性格や嗜好を把握する技術を搭載。
    (2022年搭載予定)

  • こどもの健やかな発達に最適な遊びがわかる、
    ZPD Play提案AI搭載

    一般社団法人KIDSサポートデザイン監修。こどもの発達段階に合わせた「あそび辞書」を搭載。こどものパーソナリティと発達具合から、「今できることよりちょっと難しい遊び(発達の最近接領域:ZPD)」を選択し、こどもの発達に最適な遊びを提案。
    (2022年搭載予定)

ChiCaRoは電気通信大学とのロボットとこどものインタラクションに関する共同研究から生まれました。 Toddler層(0~3歳児)と充実したやりとりができる 世界で唯一の遠隔コミュニケーションデバイスです。まだ言語でのやりとりが主体でない乳幼児の興味を惹きつけてやり取りできる「乳幼児インタラクション技術」と、子どもの振る舞いにもとづく「乳幼児向けAI」を搭載しています。 また、電気通信大学 長井研究室が実施した実証実験において、育児ストレスを低減する効果が立証されています。

かぞくでChiCaRoロゴご予約の流れ

2020年限定モデル予約開始

2020年6月

① ご予約

「ChiCaRoを予約する」より必要事項を明記の上、お申し込みください。


ご予約内容を確認後、「ご予約確定メール」を送付します。
お申込みが多い場合、抽選とさせていただきますので、「ご予約確定メール」を持ってご予約を確定させていただきます。

② ご契約

ご予約確定メールにてご契約方法についてご連絡させていただきます。

③ お届け

ご利用までに指定住所にお届け

を起動

ご家族でChiCaRoをお楽しみください。

⑤ ご返却

お届け時に同梱した返却専用ダンボールにChiCaRoをセットし、ご返送をお願いいたします。

レンタルプラン

  • プランA

    アカウント 2名まで
    1ヶ月5,800円
    (1アカウントあたり2,900円)

  • プランB

    アカウント 5名まで
    1ヶ月9,800円
    (1アカウントあたり1,960円)

  • プランC

    アカウント 20名まで
    1ヶ月14,800円
    (1アカウントあたり740円)

※アカウントにChiCaRoは含まれません。ChiCaRoに接続するアカウント数(かぞくのデバイス数)となります。
例)自分の家、祖父の家=アカウント2名
自分の家、両祖父の家、単身赴任のパパ=アカウント4名

レンタル開始希望日、希望期間(何か月)、アカウントプラン等をご指定ください。
「ChiCaRoを予約する」より必要事項を明記の上、お申し込みください。
※お申込み多数の場合は抽選となります。ご予約確定メールをもって、予約確定となりますことを予めご了承ください。


お支払い方法

クレジット払いのみとなります。
(お支払方法はご予約確定メールにてご案内いたします)

ChiCaRoロゴはこうして生まれました

2014年、子どもロボットコミュニケーションの研究をしている
電気通信大学 長井研究室でChiCaRoは生まれました。
当研究室の新米ママ研究員は、初めての育児に四苦八苦。
泣きやまない子供を前に、「離れて住む祖母がちょっとの間でもいいからパッとこの場に現れて、助けてくれたら・・・
ちょっとでいいから、お願い、今すぐたすけてー!!」
それを解決するのがChiCaRoです。

ChiCaRoロゴのこれから

  • かぞくでChiCaRo(2020)

    2020年限定モデル

    「遠隔協同子育て」という新しい育児スタイルを提案。
    離れた祖父母、単身赴任中のパパなど一緒に暮らせない家族のチカラを借りて、みんなで子どもを育てよう!

  • みんなでChiCaRo(2021)

    2021年モデル(予定)

    リモートシッティングサービスと連携して保育士、
    小児科医など様々な育児の専門家も子育てに参加し、みんなで遠隔協同子育て!

  • すくすくChiCaRo(2022)

    2022年モデル(予定)

    こどものパーソナリティと発達具合から、「今できることよりちょっと難しい遊び(発達の最近接領域:ZPD)」
    を性格・嗜好に合わせてAIが提案!ChiCaRoが家庭にいることで、こどもの健やかな発達を支援します。

よくある質問

  • レンタル期間中に壊れてしまったら?
    無償で(※)お取替え致しますので、
    お問い合わせフォームよりご連絡ください
    (お問い合わせフォームへリンク)
    ※無償でのお取替えは1回目までです。
  • 緊急時に親に知らせる機能は?
    遠隔操作者がママアラート機能を使用すると、
    ママのスマホへ危険を知らせることができます。
    ChiCaRoは単体で保育や育児ができるロボットではないため、
    必ず保護者様の目の届く範囲でのご利用をお願い致します。
  • 子供が興味を示さなかったら?
    全てのお子様が好む保証はできませんので、
    お子様が興味を示さなかったことも考慮の上、
    プラン及び期間のご選択をお願い致します。
  • 購入したくなったら?
    「かぞくでChiCaRo(2020年限定モデル)」
    はレンタルプランのみのご提供となります。
  • 録画はできるの?
    「かぞくでChiCaRo(2020年限定モデル)」では機能提供されません。
    今後のバージョンアップの予定には含まれておりますのでご期待ください。
  • 写真は撮れるの?
    「かぞくでChiCaRo(2020年限定モデル)」では機能提供されません。
    今後のバージョンアップの予定には含まれておりますのでご期待ください。

お問い合わせ

株式会社ChiCaRo(チカロ) ※国立大学法人電気通信大学発ベンチャー認定
〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1 電気通信大学内西11号館 404号室

WEBSITE:http://www.chicaro.co.jp/

共同研究先:国立大学法人電気通信大学 知能システム研究室(長井研究室)

WEBSITE:http://apple.ee.uec.ac.jp/chicaro/

一般社団法人 Kidsサポートデザインの協力を得ています。
https://www.kidssupportdesign.com/
子どもたちが自分らしく育つ環境をつくることを目的として、保護者や支援者に向けてワークショップやコンサルティング、コミュニティ育成などの事業を行なっている団体です。